バレルエイジドコーヒー

バレルエイジドコーヒー 笹の川酒造×東北萬国社

バレルエイジドコーヒーは、創業250年の笹の川酒造株式会社様とコラボした数量限定、オンライン限定商品です。

 

「YAMAZAKURA シングルモルト安積 THE FIRST PEATED」のフレッシュな洋梨を彷彿する甘さと3年熟成のスモーキーさに、ケニア特有のスパイシーさ、コク、柑橘系、エチオピアの個性である果実感、モカフレーバー。ブラジルのナッツのような香ばしさを絶妙に配合し、お互いの特徴が感じられる新感覚のコーヒーに仕上げました。

ウィスキーとコーヒー、東北がつなぐもう一つの味。

バレルエイジドコーヒーとは?

ウイスキーを熟成させるオーク樽(バレル)に、コーヒーの生豆を一定期間仕込み

熟成(エイジング)させ、とり出した生豆を焙煎し、ウイスキーフレーバーを付与したコーヒーです。

ウイスキーの樽へのこだわり

2020年に創業250周年を迎えられた、福島県郡山市にある笹の川酒造株式会社安積蒸溜所様より、「コロナ渦で沈んだ世の中に、明るい話題を東北から提供したい。」という思いからご協力頂き、現存する東北では最古のウイスキーメーカーとのコラボを実現させて頂きました。

使用させて頂きましたウィスキー樽は、原酒を3~5年入れていたため、樽自体も風味等が染み込んでおり、フレーバー豊かな樽で、フルーティさがしっかり感じられました。

ウイスキーへのこだわり

「YAMAZAKURA シングルモルト 安積 THE FIRST PEATED」は、2020年12月に販売されました数量限定2,000本の大変貴重なウイスキーです。

スモーキーフレーバーが特長の、3年間オーク樽で熟成された、初回製造分でしか味わえないフレッシュで甘みを含む洋梨の風味と、スモーキーフレーバーが共存した限定品です。

コーヒー生豆へのこだわり 

バレルエイジドコーヒーにする生豆は何でも良いわけではありません。当社では研究を重ねウイスキーと相性の良いコーヒー生豆を見つけ、コーヒーの特徴とウイスキーの風味がバランス良くマッチし最大限に特長を引き出せるようにしております。  

熟成(エイジング)へのこだわり

今までにない新しいコーヒーにチャレンジし、本物同士での高まりを創造したいと考えております。

Scroll Up