バレルエイジドコーヒー

東北萬国社が手掛ける、バレルエイジドコーヒーNo.3、No.4
数量限定、オンラインショッピング限定商品です。

世界一大きな夢を持つ、浪漫溢れるウイスキーとコーヒーの出会い

今回は2016年11月に稼働した、日本最小クラスの蒸溜所
100年後も、世界に通用する「喜ばれるウイスキーづくり」を目指す、
滋賀県「長濱蒸溜所」様とのコラボ商品になります。

長濱蒸留所
小林舞香

今回のラベルデザインは、東京都出身、山形市在住の小林舞香さんに依頼。
アクリル絵の具を使用し、手書きによる精密な写実画で幻想的な世界観を表現。

2010年ニューヨークでの個展を皮切りに、画家として本格的に独自の世界観を展開。

「Art その先にあるもの」をイメージし、「地方 × Art」「伝統工芸 × Art」「演舞 × Art」へのアプローチで、「ArtをArtで終わらせない」現代プロダクトと融合したアーティスト。

小林舞香さんの世界に一つのオリジナルデザインが、バレルエイジドコーヒーの非日常な世界観に誘います。

バレルエイジドコーヒーNo.3、No.4 限定版
BARREL AGED COFFEE No.3,No.4 LIMITED EDITION

一日の始まり「朝のコーヒー」と、一日の終わり「夜のウイスキー」をイメージした、デザインは、限定版でのみお楽しみいただけます。

●バレルNo.3の特徴
200Lバーボン樽にスペシャルティコーヒーの「コロンビア ビジャ ファティマ」を仕込み、ウイスキー、シトラス、ココナッツ、ハーブ、プルーン、フラワリーなフレーバーが感じられます。

●バレルNo.4の特徴
125Lスコッチ樽にスペシャルティコーヒーの「エチオピア G1 ナチュラル(イルガチェフェ+グジ)」を仕込み、ウイスキー、シナモン、ココア、オリーブ、ローズ、ハーバル、チョコレート、パイナップルフレーバーを感じられます。

バレルエイジドコーヒーNo.3,No.4 限定版
バレルエイジドコーヒーNo.3

バレルエイジドコーヒーNo.3
BARREL AGED COFFEE No.3

●バレルエイジドコーヒーNo.3とは?
200Lバーボン樽にスペシャルティコーヒーの「コロンビア ビジャ ファティマ」を仕込み、ウイスキー、シトラス、ココナッツ、ハーブ、プルーン、フラワリーなフレーバーが感じられるコーヒーし仕上げました。

●コーヒー豆のこだわり
バーボン樽との相性の良い、スペシャルティコーヒーのコロンビア ビィジャ ファティマを使用しました。

●ウイスキー樽へのごだわり
長濱蒸溜所でウイスキーの熟成に使用されたバーボン樽を使用しております。このウイスキーは将来のシングルモルトウイスキー販売の為に、まだ熟成中です。

バレルエイジドコーヒーNo.4
BARREL AGED COFFEE No.4

●バレルエイジドコーヒーNo.4とは?
125Lスコッチ樽にスペシャルティコーヒーの「エチオピア G1 ナチュラル(イルガチェフェ+グジ)」を仕込み、ウイスキー、シナモン、ココア、オリーブ、ローズ、ハーバル、チョコレート、パイナップルフレーバーを感じられるコーヒーに仕上げました。

●コーヒー豆のこだわり
スコッチ樽との相性の良い、スペシャルティコーヒーのエチオピアG1ナチュラル(イルガチェフェ+グジ)を使用しました。

●ウイスキー樽へのごだわり
長濱蒸溜所でウイスキーの熟成に使用されたスコッチ樽を使用しております。このウイスキーは将来のシングルモルトウイスキー販売の為に、まだ熟成中です。

バレルエイジドコーヒーNo.4

“一醸一樽”をモットーに、1仕込みで1樽という少量生産にこだわる長濱蒸溜所。
ポルトガルのホヤ社製ポットスチルを導入し、形状も非常に珍しく、他では味わうことのできない唯一無二の原酒を生み出しています。

1996年に創業した長濱浪漫ビールが、20周年の記念事業としてスタートした日本最小規模の蒸溜所だからこそ出来る、ユニークなウイスキーづくりは数量限定ですので、お早めにお求めください。

バレルエイジドコーヒー 笹の川酒造×東北萬国社
萬国珈琲バレルエイジドコーヒーNo.2

バレルエイジドコーヒーは、創業250年の笹の川酒造株式会社様とコラボした数量限定、オンライン限定商品です。

 

「YAMAZAKURA シングルモルト安積 THE FIRST PEATED」のフレッシュな洋梨を彷彿する甘さと3年熟成のスモーキーさに、ケニア特有のスパイシーさ、コク、柑橘系、エチオピアの個性である果実感、モカフレーバー。ブラジルのナッツのような香ばしさを絶妙に配合し、お互いの特徴が感じられる新感覚のコーヒーに仕上げました。

ウィスキーとコーヒー、東北がつなぐもう一つの味。

バレルエイジドコーヒーとは?

安積蒸溜所

ウイスキーを熟成させるオーク樽(バレル)に、コーヒーの生豆を一定期間仕込み

熟成(エイジング)させ、とり出した生豆を焙煎し、ウイスキーフレーバーを付与したコーヒーです。

ウイスキーの樽へのこだわり

2020年に創業250周年を迎えられた、福島県郡山市にある笹の川酒造株式会社安積蒸溜所様より、「コロナ渦で沈んだ世の中に、明るい話題を東北から提供したい。」という思いからご協力頂き、現存する東北では最古のウイスキーメーカーとのコラボを実現させて頂きました。

使用させて頂きましたウィスキー樽は、原酒を3~5年入れていたため、樽自体も風味等が染み込んでおり、フレーバー豊かな樽で、フルーティさがしっかり感じられました。

ウイスキーへのこだわり

「YAMAZAKURA シングルモルト 安積 THE FIRST PEATED」は、2020年12月に販売されました数量限定2,000本の大変貴重なウイスキーです。

スモーキーフレーバーが特長の、3年間オーク樽で熟成された、初回製造分でしか味わえないフレッシュで甘みを含む洋梨の風味と、スモーキーフレーバーが共存した限定品です。

YAMAZAKURA ASAKA THE FIRST
コーヒー生豆へのこだわり 

バレルエイジドコーヒーにする生豆は何でも良いわけではありません。当社では研究を重ねウイスキーと相性の良いコーヒー生豆を見つけ、コーヒーの特徴とウイスキーの風味がバランス良くマッチし最大限に特長を引き出せるようにしております。  

熟成(エイジング)へのこだわり

今までにない新しいコーヒーにチャレンジし、本物同士での高まりを創造したいと考えております。

Scroll Up